カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 受賞


北朝鮮の科学者が国際学会で異例の受賞 北極海に流入する毒性物質を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2012/07/15(日) 11:08:37.25 ID:???
北朝鮮の科学者が国際学会で異例の受賞 北極海に流入する毒性物質を分析


クォン・ヨンヒョク博士

 北朝鮮の科学者が国際学会で最高の論文賞を受賞した。外の世界と断絶された北朝鮮の科学者が、
研究結果で賞を受賞するのは極めて異例のこと。

 海洋技術分野で最大規模の学会「国際海洋・極地工学会」は先月17日から22日にかけて、ギリシャの
ロードス島で年次学術大会(ISOPE2012)を開いた。今回の学会では、北朝鮮科学院レーザー研究所の
クォン・ヨンヒョク博士に「最高学生論文賞」が授与され、エクソン・モービル提供による賞金1000ドル(約7万
9300円)が贈られた。

 ISOPEの創立メンバーで執行委員長を務める在米韓国人科学者のチョン・ジンス博士によると、クォン
博士はドイツと北朝鮮が推進する政府間研究者短期交換プログラムに基づいてベルリン工科大学核物理
研究所を訪れ、2010年に北朝鮮へ戻る予定だった。しかし指導教授を務めたクロンフェルト教授の推薦に
より、欧州連合(EU)の海洋研究計画「マリー・キュリー研究プロジェクト」に合流し、2年にわたる研究の末、
今年3月に博士号を取得した。

 クォン博士が論文賞を受賞した研究は、北極海に流入する毒性環境汚染物質を分析する技術に関する
ものだ。最近、ノルウェーなど北極に面した国々の海では、石炭・石油・ガスが不完全燃焼した際に発生する
微細な毒性粒子の濃度がますます高まり、環境問題を引き起こしている。EUはこの問題に関する実態調査
のため、ノーベル賞受賞者のマリー・キュリーの名を冠した研究プロジェクトを開始した。クォン博士は、手軽
かつ速やかに環境汚染物質を分析できる携帯用機器を開発し、好評を博した。

 クォン博士は、ドイツ以外の国への渡航が不可能なため、論文賞はクロンフェルト教授が代理で受け取った。
なお、クォン博士は最近、北朝鮮に帰国したという。

李永完(イ・ヨンワン)記者/朝鮮日報日本語版 2012/07/13 13:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/13/2012071301246.html

ISOPE-2012 Rhodes Conference
The 22nd International Ocean and Polar Engineering Conference
Rodos Palace Hotel, Rhodes (Rodos), Greece, June 17−22, 2012
http://www.isope2012.org/
Naturally Grown Ag Nanoparticle SERS Substrate as Chemical Sensor in Water Body Applying a 488 nm Microsystem Diode Laser
YH Kwon, TU-berlin; R Ossig, Univ Kassel; A Kolomijeca, TU-Berlin; F
Hubenthal, Univ Kassel; HD Kronfeldt, TU-Berlin, Germany
A Portable Raman and Surface Enhanced Raman (SERS) Sensor System Applied for Seawater and Sediment Investigations on an Arctic Sea-Trial
A Kolomijeca, YH Kwon, HD Kronfeldt, TU-Berlin, Germany
http://www.isope2012.org/docs/ISOPE2012-Program.pdf

Technische Universität Berlin Institut für Optik und Atomare Physik AG Kronfeldt
http://www.ioap.tu-berlin.de/menue/arbeitsgruppen/ag_kronfeldt/news/
Best Student Paper Award für SENSEnet-Wissenschaftler
Die beiden im Projekt "SENSEnet" angestellten Wissenschaftler Anna Kolomijeca und Yong-Hyok
Kwon wurden auf der 22. International Offshore and Polar Engineering (ISOPE) Conference vom
17.-22. Juni 2012 in Rhodos (Griechenland) mit dem "Best Student Paper Award" ausgezeichnet.

Doktoranden und Postdocs
Dr. Yong-Hyok Kwon
http://www.ioap.tu-berlin.de/menue/arbeitsgruppen/ag_kronfeldt/mitarbeiter/doktoranden_und_postdocs/

2 :名無しのひみつ:2012/07/15(日) 11:16:55.75 ID:4DWlcssU
食料増産の研究した方がいいんじゃない。


3 :名無しのひみつ:2012/07/15(日) 11:20:39.26 ID:EfSlM7ry
あんな環境でも、頑張る人は頑張るんだねぇ…


22 :名無しのひみつ:2012/07/15(日) 12:16:01.58 ID:VJk8ZxB2
>>3
励みになるわ
俺研究職じゃないけど色々頑張る


青色発光ダイオードの赤崎氏に文化勲章

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :星降るφ ★:2011/10/26(水) 15:27:11.60 ID:???
*ご依頼いただきました 依頼スレ26-79(ソース差し替え)

文化勲章 赤崎勇さん
10月25日 12時58分

 文化勲章を受章する赤崎勇さんは、鹿児島県出身の82歳。京都大学を卒業後、名古屋大学の
教授を経て、名古屋市の名城大学の教授を務めています。赤崎さんは、不可能と言われていた
「窒化ガリウム」という物質の高品質な結晶化に世界で初めて成功し、この結晶を使って、
青い光を出す、LED=発光ダイオードが実現できることを示しました。
 この技術はフルカラーのLEDディスプレーやブルーレイディスクなどの幅広い分野で実用化
されていて、新たな市場を切り開いたとして、世界的に高い評価を受けています。
 受章について赤崎さんは、「予想していなかったので驚きました。誰もやらなかったことを
やったのが評価されたのだと思います」と話しています。そのうえで「新しいことをやるのに
失敗はつきものなので、若い研究者は、成果が出なくても諦めずに続けてほしい。
 日本は、多くの人が取り組んでいる流行の研究をしないと評価しない傾向があるが、新しい
研究を支援して評価する仕組みを作ることが重要だ」と話しています。

▽記事引用元  NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111025/k10013487091000.html

▽画像  青色発光ダイオード


2 :名無しのひみつ:2011/10/26(水) 15:28:32.15 ID:7LwIGVoo
世の中を便利にしていただいてありがとうございます。感謝、感謝。


3 :名無しのひみつ:2011/10/26(水) 15:29:20.39 ID:YWlArg/l
黄金色に発光するダイオードはないのかね


エジソン賞:名大の赤崎特別教授に 日本人2人目の受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2011/08/12(金) 14:37:18.03 ID:???
米国電気電子技術者協会(IEEE)は10日、電気電子工学分野で
優れた業績を上げた人に贈る今年のエジソン賞受賞者を、名古屋
大学特別教授、名城大学特任教授の赤崎勇氏(82)に決定したと
発表した。

日本人受賞者は00年の西沢潤一・東北大名誉教授に続き2人目。
授賞式は20日に米サンフランシスコで行われる。

IEEEは、赤崎教授が世界初の高輝度青色発光ダイオードを実現
させたことを評価した。赤崎教授は名城大を通じ「歴史的にも権威
ある賞をいただき、身に余る光栄です」とコメントした。


赤崎勇・名大特別教授=望月亮一撮影
 
▽記事引用元 :毎日新聞 2011年8月12日 1時51分(最終更新 8月12日 11時07分)
 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110812k0000m040156000c.html
IEEE News Releases
Isamu Akasaki, Persistent Optoelectronics Researcher, to Receive 2011 IEEE Edison Medal
 http://www.ieee.org/about/news/2011/honors_ceremony/releases_edison.html

2 :名無しのひみつ:2011/08/12(金) 14:40:40.85 ID:NiP5LHDk
また栄光のリストに日本人の名が刻まれた。


3 :名無しのひみつ:2011/08/12(金) 14:43:30.72 ID:rgXl3ret
ちなみに例の国はいくつ?


26 :名無しのひみつ:2011/08/12(金) 15:16:46.25 ID:XGnNE5O3
>>9
お主も悪よのう


フヒヒ


小惑星探査機「はやぶさ」イオンエンジンチーム、米国航空宇宙学会・技術賞受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφ ★:2010/07/29(木) 14:57:34 ID:??? ?2BP(1056)
米国航空宇宙学会(AIAA)から、
電気推進を駆使して宇宙往復ミッションを達成した事を評して、
「はやぶさ」イオンエンジンチームに対して
2010 Electric Propulsion Outstanding Technical Achievement Awardが授与されました。
7月26日、米国ナッシュビルにて開催されたJoint Propulsion Conferenceの
電気推進技術委員会の席上にていただいてまいりました。

電気推進の第一の応用範囲は「静止衛星の南北制御」ですが、
宇宙科学に関わる分野ではなく、貢献の機会はありませんでした。
次なる応用場面は「深宇宙探査」であり、
ここに独自のイオンエンジンで先鞭を着けることができ、正直にうれしい気持ちです。
第三の方向へも緒を見出すべく努力していきたいものです。

國中均(月惑星探査プログラムグループ・教授)

JAXA
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/image/0729/fig1.jpg

«  | HOME |  »