カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類


理研、「新元素」の合成実験開始 119、120番に向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 14:09:56.39 ID:CAP_USER.net

2017.3.27 13:20
原子番号113番の元素「ニホニウム」を発見した理化学研究所のチームが、119、120番の
新元素の合成に向けた実験を開始したことが分かった。代表の森田浩介グループディレクター(九州大教授)が明らかにした。

 森田氏は新しい実験について「これまでの延長線上にあるが、さらに難しい仕事になると思うので、淡々とやらなければならないと思っている」と語った。

 ニホニウムはエネルギーが比較的低い核融合反応を使って合成したが、119番以降は露米などが先行してきたエネルギーの高い反応に変更しないと作れない。
「原子番号が大きくなるにつれて合成できる確率がどんどん減り、そこに難しさがある」という。

 実験に使用する加速器は今夏、性能を向上させる改修工事に入るため、実験は数年間中断する。それまでの間に「いくつか準備的なデータを積み上げる作業を行う」としている。

 元素は118番まで見つかり、各国が119番以降の発見を狙っている。
http://www.sankei.com/life/news/170327/lif1703270014-n1.html?view=pc



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 14:12:53.59 ID:vdFqbBU1.net

意味庵野



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 14:14:01.19 ID:EkP/poo+.net

ありまぁす



エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:25:51.04 ID:CAP_USER.net

2017.3.26 10:00
(1/4ページ)
エイズとの闘い
http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n1.html?view=pc

 かつて「死の病」だったエイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に発売され、治療の道が開かれた。
多様な薬の併用で現在は命を落とすことはほとんどなくなり、感染者や死者は激減したが、完治というゴールへの道はまだ遠い。(伊藤壽一郎)

日本人が開発

 ウイルスで感染するエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫機構が破壊され、肺炎やがんを発症する。
81年に米国で初めて患者が報告された。4年後には日本でも見つかり、有効な治療法がないまま世界中に感染が拡大し、死者は増え続けた。

 だが87年4月、米国立衛生研究所(NIH)の上級研究員だった満屋(みつや)裕明氏が開発した初の治療薬「AZT(アジドチミジン)」が登場し、状況は一変した。

 エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれた。
満屋氏は「多様な新薬開発のきっかけを作れてよかった」と振り返る。

 適切な治療を受ければ現在の死亡率はほぼゼロで、感染者からパートナーへの2次感染も93%は防げる。
国立国際医療研究センターの岡慎一エイズ治療・研究開発センター長は「きちんと診断し治療すれば、もはやエイズはたいした病気ではない」と話す。

続きを読む
http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n4.html



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:39:37.65 ID:1qj2SIrC.net

治療費を調べや



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:43:41.92 ID:PfR3WwuO.net

『エイズはたいした病気ではない』←誤解を与えるやろ!先進国で唯一キャリアが増加中のニッポン。同性愛とレイパーにもわかるように予防教育に力いれんかい!!



NASAにとって中国が“脅威”に… 野心的な宇宙開発を警戒、国際会議から中国人締め出し

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:23:02.08 ID:CAP_USER.net

NASAにとって中国が“脅威”に… 野心的な宇宙開発を警戒、国際会議から中国人締め出し (1/5ページ)
2017.3.26 13:03
米国は中国の宇宙開発に脅威を感じている【拡大】
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n1.htm?view=pc

 《宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。
差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。[山田敏弘,ITmedia]》

 1961年5月25日、米国のジョン・F・ケネディ大統領は米議会で、「10年以内に、人類を月に上陸させ、安全に帰還させる」とスピーチをした。
このスピーチは、米国の宇宙開発を加速させた歴史的なものであるとして今も語り継がれている。

 当時、NASA(米航空宇宙局)に勝算があったわけではない。現実には、人を月に送るための具体案やビジョンすら持ち合わせていなかったと言われている。

 このスピーチの背景には、数年前の1957年にソ連が米国に先駆けて人工衛星のスプートニクの打ち上げに世界で初めて成功しており、
さらにケネディ・スピーチの1カ月ほど前には、ソ連が有人宇宙飛行を成功させていたことがある。ソ連に負けてられないという空気があったのだ。

 それから56年近くが経ったいま、米国には当時のソ連と同じように、宇宙開発で“脅威”と感じている国がある。中国である。

 就任から2カ月ほどが経ったドナルド・トランプ政権だが、そろそろ宇宙開発の方向性と政策を示すのではないかと期待されている。
おそらくトランプは、ケネディ大統領が宇宙開発でソ連に抱いたように、中国をこれまで同様に敵視し続けることになりそうだ。


宇宙開発で先端をいっている米国がなぜ中国に脅威を感じる?
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n2.htm
中国のビジョンはかなり野心的
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n3.htm
NASA関連の国際会議でも中国人を締め出し
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n4.htm
米中の宇宙競争が激化
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n5.htm

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:28:08.73 ID:tqlzRN2z.net

中国入れたら今までの技術がコピーされっからな
当然当然



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:47:48.17 ID:mnPJ99GD.net

アメリカが着陸してないのがバレるじゃないかw



軍事科学研究「拒否」で抑止力の強化策に暗雲…現状を見ない“助成つぶし”

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 21:07:49.24 ID:CAP_USER.net

2017.3.25 22:24
軍事科学研究「拒否」で抑止力の強化策に暗雲…現状を見ない“助成つぶし” 学術会議の声明、研究の自由の妨げに 「応募しようとしても止められる…」
(1/3ページ)
日本学術会議の安全保障と学術に関する検討委員会=7日午後、東京都港区
http://www.sankei.com/politics/news/170325/plt1703250021-n1.html?view=pc

 軍事目的の研究を拒否した50年前の方針を「継承」するとした日本学術会議の声明が、早くも研究現場に影響を及ぼしつつある。
防衛省が創設した研究助成制度への応募に二の足を踏む研究者が相次いでいるのだ。学術会議は当初、4月の総会での声明採択を目指していた。
しかし執行部でつくる幹事会は24日、総会で議論した上で採決すべきだとの意見を押し切り、声明を決定した。
国民を守る自衛隊の装備充実につながっていく取り組みが後退する恐れが出てきた。(小野晋史)

 防衛省は、防衛と民生双方に応用可能なデュアルユース(軍民両用)技術を研究する大学や研究機関を支援するため、
平成27年度に「安全保障技術研究推進制度」を創設。29年度予算案では28年度の6億円を上回る110億円を計上した。
しかし、学術会議の声明案が3月に公表されると、雲行きが怪しくなってきた。

 「学術会議での議論が始まると、大学から『この制度に応募する場合、事前に大学と相談するように』とのお触れが出た。
せっかくの助成制度なのに、相談したら止められるのだろう」

続きを読む
http://www.sankei.com/politics/news/170325/plt1703250021-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/170325/plt1703250021-n3.html



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/26(日) 21:10:26.50 ID:iavT22dI.net

なら国で研究機関設立して
優秀な人に高額な給与を払うって事でやればいいじゃない
こんなお花畑の奴等によって将来、日本が潰されるのはゴメンだろ



9 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/26(日) 21:26:23.79 ID:4zFvt67d.net

大学でやると情報が漏れるから企業でやればいい。



日本の科学研究は「失速」 論文数、5年で8%減少

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 03:39:52.35 ID:CAP_USER.net

日本の科学研究は「失速」
論文数、5年で8%減少
2017/3/23 03:00
 英科学誌ネイチャーは23日、日本の著者による論文数が過去5年間で8%減少し、日本の科学研究は失速していると発表した。日本政府が研究開発への支出を手控えた状況が反映されたという。

 同誌は「日本は長年にわたって世界の第一線で活躍してきた。だが01年以降、科学への投資が停滞しており、高品質の研究を生み出す能力に悪影響が現れている」と指摘している。

 自然科学系の学術誌68誌に掲載された論文の著者を、データベースを使って調べた。

 その結果、12年から16年の5年間で、中国の論文数が48%、英国が17%伸びた一方、日本は8%減少したことが判明した。米国も6%減った。
https://this.kiji.is/217342253709379067?c=39546741839462401



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/23(木) 03:51:14.80 ID:I8WmKe+K.net

もともと質が低かったからいいんじゃないの?

有効な論文の数が確保できていれば。



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/23(木) 03:51:27.55 ID:vPe2i3kv.net

『生産性』は高くなったらしい



«  | HOME |  »