カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類


猿人 木の下で涼求め地上生活か 二足歩行の謎解明に/京都大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 00:44:11.85 ID:CAP_USER.net

猿人、木の下で涼求め地上生活か 二足歩行の謎解明に、京大

森林の樹上で暮らしていた猿人などの人類の祖先は、高温になった際に、木の下の涼しい地上で生活するようになった可能性があることが、チンパンジーやボノボの観察で分かったと京都大の竹元博幸研究員(動物生態学)が、18日付の英科学誌電子版に発表した。
 
「どのようにして直立二足歩行をするようになったかなど謎の解明に役立つ」としている。
 
竹元さんは05~08年、アフリカで気温を計測し、地上の方が樹上よりも涼しいことを確認し、時間と気温の相関性を調べた。すると、低温の日は1日のほとんどを木の上で過ごしていたが、高温になると木の下の地上にいる時間が増える傾向がみられた。

▽引用元:共同通信 2017/7/18 18:57
https://this.kiji.is/259982346496212993

▽関連
Acquisition of terrestrial life by human ancestors influenced by forest microclimate
Scientific Reports?7, Article?number:?5741 (2017)
doi:10.1038/s41598-017-05942-5
http://www.nature.com/articles/s41598-017-05942-5



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/19(水) 00:51:41.33 ID:kUWtq5VI.net





5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/19(水) 01:00:46.29 ID:oc2TdzQ5.net

一応、発見したら文章にしておかないとなぁ。



飛行士に「かわいい」相棒 飛行士に代わって動画や写真を撮影するボール型カメラ「イントボール」の実験開始/JAXA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 00:30:40.74 ID:CAP_USER.net

飛行士に「かわいい」相棒 宇宙基地にボール型カメラ

宇宙飛行士に心強い相棒が仲間入り−。国際宇宙ステーションの中を自在に漂い、飛行士に代わって動画や写真を撮影するボール型カメラの実験を始めたと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が14日、発表した。大きな二つの円いライトとその間にあるカメラはまるで目と鼻。顔のように見え、飛行士から「かわいい」と好評だ。
 
ステーションでは飛行士が実験に取り組む様子などを撮影して地上に送る機会が多いが、カメラの固定や通信設定などに飛行士の作業時間の1割が割かれている。この負担を将来ゼロにすることを目指して開発された。
 
名前は「イントボール」で、直径約15センチ、重さ約1キロ。空気を吹き出す12個のファンを筑波宇宙センター(茨城県)から遠隔操作して動かす。日本実験棟きぼう内で飛行士を追い掛けたり、とどまったりしてリアルタイムで映像を届ける。開発と製造費は2千万円。

▽引用元:産経ニュース 2017.7.14のニュース
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170714/dly1707140021-n1.html
JAXAが国際宇宙ステーションで実験を始めたボール型カメラ。顔のように見える(JAXA/NASA提供)


▽動画: JAXA | 宇宙航空研究開発機構
国際宇宙ステーション・きぼう船内ドローン「Int-Ball(イントボール)」の映像初公開
http://www.youtube.com/watch?v=PntNBeJuRFQ
国際宇宙ステーション・きぼう船内ドローン「Int-Ball(イントボール)」の映像初公開(フルバージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=D_A-yb8rlac

☆ご依頼いただきました」。



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/18(火) 00:31:25.42 ID:GG3MRQ81.net

ハロか

 



9 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/18(火) 01:17:56.88 ID:3+2EzU3t.net

汎用部品利用の自作で百万円くらいで作れそうだが…
そんぐらいできる人材わんさと居るだろ



ロシア、一回のロケット打ち上げで衛星73基の軌道投入に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 15:29:25.45 ID:CAP_USER.net

ロシア、一回のロケット打ち上げで衛星73基の軌道投入に成功
2017年07月15日 13:25 発信地:モスクワ/ロシア

【7月15日 AFP】カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地(Baikonur Cosmodrome)で14日、ロケット「ソユーズ(Soyuz)2-1A」が打ち上げられ、画像収集衛星1基と小型衛星72基の軌道投入に成功した。ロシア国営宇宙企業ロスコスモス(Roscosmos)と研究機関グラブコスモス(Glavcosmos)が発表した。
 
ロスコスモスの声明によると、ソユーズはグリニッジ標準時(GMT)14日午前6時43分(日本時間同日午後3時43分)に打ち上げられた。

ロシアの通信社各社によると、グラブコスモスが軌道投入を担当し、GMT同日午後2時41分(日本時間同11時41分)までにすべての衛星の分離に成功したという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年07月15日 13:25
http://www.afpbb.com/articles/-/3135877



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/16(日) 15:41:23.13 ID:CB4h0Rd7.net

ロケットの積載能力はそんな上げられんから、
打ち上げるモノを小さく軽くするしかないわな。



23 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/16(日) 16:31:31.14 ID:qPDnEcRI.net

散弾銃みたいにばらまいたんじゃね



次世代大型ロケット「SLS」 初打ち上げが2019年へ延期認める/NASA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2017/05/01(月) 23:13:18.36 ID:CAP_USER.net

NASA、次世代大型ロケット「SLS」2019年へ延期認める

以前より計画の遅れが指摘されていた、NASAの次世代大型ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」。
そして今回、NASAは公式にSLSの初打ち上げが2019年になることを認めました。
 
この情報は、NASAで有人探査とオペレーション部門を指揮するBill Gerstenmaier氏が明かしたものです。
彼がアメリカ会計検査院(GAO)に返答したレポートによると、SLSの初打ち上げ(EM-1)は時間と予算、そして技術的な問題から2018年11月には行われず。
またGAOの指摘では、宇宙船「オリオン」や地上施設の計画も2018年中には間に合わないことを指摘しています。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:sorae.jp 2017/05/01
http://sorae.jp/030201/2017_05_01_nasa.html

▽関連スレッド
【宇宙探査】火星を目指し開発中の新型ロケット「SLS」 初打ち上げに宇宙飛行士の搭乗を検討/NASA©2ch.net
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1487426461/
 



23 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/05/02(火) 13:14:15.58 ID:kyRqfmzv.net

親方星条旗のエリート組織が大富豪のポケットマネーで作った会社に負ける時代が来たか



33 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/15(土) 07:33:41.33 ID:5KdV3O9Z.net

spaceXに金かけたほうが有意義だと思うが



ヒバゴン・ツチノコ…実在する? 特別展、科学的推理も

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :きゅう ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 18:00:27.38 ID:CAP_USER.net

 ヒバゴン、カッパ、ツチノコは本当に生息するのか――。国内の未確認生物約30種を紹介する特別展「驚異の遭遇! 未確認生物」が、山口県萩市の萩博物館で開かれている。想像による模型や絵を展示する一方で、科学的にその正体にも迫っている。9月3日まで。

 未確認生物は、目撃証言や言い伝えがありながら、科学的に確認されていない生物のこと。世界的にはネッシーやイエティ(雪男)が有名だが、国内でもオカルトブームに沸いた1970年代に関心が高まった。

 特別展では模型のほか、証言や写真を集めたパネル、正体とみられる動物の?製(はくせい)など計約100点を展示した。

 逆三角形の顔にギョロッとつり上がった目、毛むくじゃらの体。ヒバゴンは1970年代に広島県比婆山麓(さんろく)で目撃された未確認生物だ。新聞やテレビで紹介され、捜索隊も編成されたが、実態は不明だ。今回は目撃証言を元に描かれた模型や大型の油彩画が県内初公開されている。

 カッパは日本の昔話や逸話でお…

続きはWEBで

2017年7月2日11時55分
http://www.asahi.com/articles/ASK6Y2VPKK6YTZNB001.html



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/07(金) 18:16:38.65 ID:LPijits3.net

明日も天気悪いしヒマだなあ。
UMA見に行くかなあ…



11 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/07/07(金) 20:55:00.60 ID:PRXSFZLl.net

きゅぴ~ん♪ツチノコかわいい
全然仲間になってくれなすぎだけど



«  | HOME |  »