カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



室温スキルミオン格子の構造転移 広い温度・磁場範囲に存在するスキルミオンと、四角格子を発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/21(水) 21:35:03.92 ID:CAP_USER.net

室温スキルミオン格子の構造転移 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160920_1/


室温スキルミオン格子の構造転移 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160920_1/digest/


電子は、自転に相当する「スピン」と呼ばれる自由度を持っています。さらに電子は、スピンの大きさに比例し、向きがスピンの向きと逆の「磁気モーメント」と呼ばれる性質を持ちます。固体中のそれぞれの電子の持つ磁気モーメントが一方向に揃った物質が磁石(強磁性体)です。そして、固体中の電子の持つ磁気モーメントが“渦”を巻くように並ぶことがあり、この渦状の磁気構造体を「スキルミオン」と呼びます。スキルミオンの直径は数ナノメートル(nm、1nmは10億分の1メートル)~数百nmです。

最近の研究で、スキルミオンは固体中で独立した粒子として振る舞い、一度生成されると比較的安定に存在し、低い電流密度で駆動できるなど、磁気情報担体(0、1の情報を記録するために用いる磁気的物質)としての応用に適した特性を多く持っていることが分かり、注目を集めています。

また、複数のスキルミオンが規則正しく並んだ状態を「スキルミオン格子」といいます。スキルミオン格子は通常、二次元平面を最も隙間なく並ぶことができる「三角格子」が最も安定だと考えられ、最近、コバルト-亜鉛-マンガン合金において、室温および室温以上で三角格子の形成が報告されました。しかし、そのスキルミオン格子が安定して存在できるのは、磁気転移温度直下の狭い温度・磁場領域のみに限られるため、安定領域の狭さが課題の一つでした。

今回、理研を中心とする国際共同研究グループは、室温でスキルミオン格子状態を示す「Co8Zn8Mn4」という合金に着目し、交流磁化率と中性子小角散乱を詳しく調べました。その結果、室温のスキルミオン格子状態は磁場をかけたまま1分間に約1℃のゆっくりとした速度で冷却するだけで、真の安定状態ではないものの、あたかも安定であるかのように長時間存在し続けられる「準安定状態」として、絶対零度・ゼロ磁場まで含めた非常に広い温度・磁場領域に存在できることが分かりました。

さらに、この準安定状態の中でスキルミオン格子が、通常の三角格子から−120℃付近以下で「四角格子」へ構造転移することも分かりました(図参照)。四角格子は理論的には存在が予測されていましたが、実験的に観測されたのはこれが初めてです。これを機に、スキルミオンの基礎的特性の研究、デバイス応用を見据えた研究開発がより盛んになることが期待できます。



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/21(水) 21:45:35.09 ID:XiMm+192.net

無知のため、スレタイからして意味がぜんぜん理解できません



6 :名無しのひみつ:2016/09/21(水) 23:50:14.66 ID:00XZdgiyh

物質中だから回転じゃなくて渦なんだな
どんな状態でも運動していて運動を安定させるのは円運動なんだ
スケールが変わっても同じだね



気象衛星ひまわり9号の機体を公開 2機で安定観測確立へ 11月1日打ち上げ予定

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2016/09/21(水) 00:03:02.57 ID:CAP_USER.net

気象衛星ひまわり9号を公開 2機で安定観測確立へ

気象庁は20日、11月1日に打ち上げが予定されている気象衛星ひまわり9号の機体を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の種子島宇宙センター(鹿児島県)で報道陣に公開した。
ひまわり9号は現在運用されている8号と同型機で、8号にトラブルが発生した際のバックアップ衛星になる。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:共同通信 2016/9/20 18:27
http://this.kiji.is/150892025196642313

公開された気象衛星ひまわり9号=20日午後、種子島宇宙センター




4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/21(水) 01:19:08.19 ID:KwHlOQHu.net

必要性がよく解らない、
HIMAWARI初号機がダメだったときの為に作っておいたのだけど
これを何とか使わないと、次の予算が減る、
どうする?取りあえず揚げとく?
・・・
おいおい、似た話が昔あったぞ、良いのか?それで、



10 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/21(水) 02:42:00.78 ID:1F82ht1m.net

公開したら 落ちる のジンクス



6キロ先へ情報を瞬時転送に成功 高速インターネットへ前進

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/22(木) 12:49:26.03 ID:CAP_USER.net

6キロ先へ情報を瞬時転送に成功 高速インターネットへ前進 - 共同通信 47NEWS
http://this.kiji.is/150617715006424568



 離れている場所に瞬時に情報を転送できる「量子テレポーテーション」を使って、光の粒が持つ情報を6キロ以上離れた場所に瞬時に転送させることに成功したと、カナダと中国の研究チームが19日付の科学誌電子版に同時に発表した。

 室内での成功例はあるが、環境が変化しやすい室外での転送は難しいとされてきた。両チームは「通信が格段に速くて安全な新たなインターネットを、地球規模で実現させることにつながる成果だ」としている。

 量子テレポーテーションは、超微小な光の粒「光子」のペアに互いに影響を及ぼすような関係を持たせ、片方に情報を与えると、もう片方にも瞬時に情報が伝わる現象。



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/22(木) 12:54:09.34 ID:LtT8BJhG.net

ペアの光子をどうやって転送先まで送るんだろ。



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/22(木) 12:56:21.65 ID:ZEjeLWlP.net

宅急便だろ



ゴケグモの雄、交尾後の共食い避ける「恐ろしい」保身術明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/21(水) 12:22:14.64 ID:CAP_USER.net

ゴケグモの雄、交尾後の共食い避ける「恐ろしい」保身術明らかに (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000014-jij_afp-sctch



【AFP=時事】「ゴケグモ」について語られるとき、いつも不運な雄に同情が集まる。交尾後に雌の餌になることで有名だからだ。だが、もう同情は無用だ。

 英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に21日掲載された研究論文によると、ゴケグモの雄はいささか恐ろしい方法でわが身を守ることが明らかになった。

 雄の一部は、雌の成虫の餌食になることを避けるために、外生殖器がまだ発達していない幼い雌の外骨格を突き破って精子を注入する。雌は受けた精子を保持し、後に成虫になってから子孫を残す。研究論文によると、成虫同士の交尾と異なり、この方法だと雄が食べられることがほとんどない。

 研究論文の共著者で、カナダ・トロント大学(University of Toronto)スカボロ(Scarborough)校のメイディアン・アンドレード(Maydianne Andrade)教授はAFPの取材に対し、「これは多くの雄に、実際は2回以上の交尾の機会があることを意味する」と語り、繁殖が成功する可能性を高めていると指摘する。

 ゴケグモの雄の多くは交尾の後、時にはその最中に自分より数倍大きい雌に食べられてしまうため、交尾は生涯に一度きりのことが多い。【翻訳編集】 AFPBB News



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/21(水) 12:27:10.82 ID:oyVv11o2.net

うまくいかなかったら「しっぱいだー!」と。



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/21(水) 12:27:21.43 ID:4tUMOnBk.net

オスなのに後家とはこれいかに



2000年前の人骨、「アンティキティラ島の機械」の沈没船で発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/20(火) 12:08:21.36 ID:CAP_USER.net

2000年前の人骨、「アンティキティラ島の機械」の沈没船で発見 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000007-jij_afp-sctch


【AFP=時事】考古学者チームは、古代から現存する最も複雑な技術工芸品の一部である「アンティキティラ島の機械(Antikythera Mechanism)」が見つかったのと同じ地中海(Mediterranean Sea)の沈没船で、2000年前の人骨を発見した。英科学誌ネイチャー(Nature)が19日、伝えた。

 ネイチャーによると、ギリシャ・アンティキティラ(Antikythera)島の沖合で8月31日に発見されたこの人骨からDNAを抽出できれば、人骨の身元に関する手掛かりが明らかになる可能性があるという。

 また、頭蓋骨の一部、腕の骨2個、肋骨数個、大腿骨2個を含む、驚くほど保存状態の良いこれらの人骨により、嵐に遭遇して沈没したと思われるこの有名な紀元前1世紀の商船に関する謎を解明できるかもしれない。DNA検査については、ギリシャ政府の許可はまだ下りていない。

 今回の人骨は、非常に珍しい発見だ。沈没船の犠牲者の遺体は通常、海に流されるか魚に食べられてしまうため、数十年、ましてや数百年の間、残存していることは非常にまれだ。

 米ウッズホール海洋研究所(WHOI)の水中考古学者で、発掘調査の共同責任者のブレンダン・フォーリー(Brendan Foley)氏は「今回と同様のケースは、他に知られていない」とネイチャー誌に語っている。

 デンマーク自然史博物館(Natural History Museum of Denmark)の古代DNA分析の専門家、ハンネス・シュレーダー(Hannes Schroeder)氏によると、初期の調査から発見された人骨は若い男性のものであることが示唆されているという。「2000年前の骨のようには見えない」とシュレーダー氏はネイチャー誌に語った。

 シュレーダー氏は、耳の後ろに位置する錐体骨を回収できたことを特に喜んでいる。錐体骨には、他の部位の骨や歯よりも保存状態の良いDNAが残されている傾向があるからだ。

「これまでに分かっていることからすると、DNAが存在するならそこにあるに違いない」とシュレーダー氏はネイチャー誌に述べた。

 DNAを抽出できれば、髪や瞳の色、祖先や地理的な起源などを解明できるかもしれないと、シュレーダー氏は付け加えている。これまでに現生人類の骨から抽出された最古のDNAは、約4万5000年前のものだ。

 1900年に海綿を採取する潜水士らによって最初に発見された水深約50メートルの海底にあるこの難破船は、考古学者らによる調査の対象となった史上初の沈没船と広く考えられている。

 この難破船から見つかった、紀元前2世紀に製作された機器「アンティキティラ島の機械」は、世界最古のコンピューターと呼ばれることがある。

 約40個の青銅製の歯車からなる非常に複雑な構造を持つこの機器は、古代ギリシャ人たちが太陽系の運行周期を計算するために用いていた。同程度の機能を備えた天文時計が欧州で製作されるようになったのは、その1500年後のことだった。【翻訳編集】 AFPBB News



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/20(火) 12:19:53.66 ID:u0EXhIpt.net

ボーンとに二千年前の人骨なの?



9 :名無しのひみつ:2016/09/20(火) 13:58:09.12 ID:QxNJ52YZH

人類は何時から天文に興味を持ったんだろうな。
太陽は作物の恵みになるから信仰の対象になるのも納得できる。
夜の暗い空にわずかに光る月や星々、時折の流れ星、
そこに神秘性を感じ、観測し、生活に役立て、神話まで創造した。



特撮みたい? 火星探査車キュリオシティが撮影した美しき「ビュート」の数々

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/14(水) 17:42:46.93 ID:CAP_USER.net

特撮みたい? 火星探査車キュリオシティが撮影した美しき「ビュート」の数々 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00010001-sorae_jp-sctch



現在火星を探索している、NASAの探査車「キュリオシティ」。そのキュリオシティから、シャープ山付近で撮影された「ビュート」の高解像度画像が送られてきました。
 
上の画像は「Murray Buttes」と呼ばれる地域で、侵食によって台形状の岩が取り残された「ビュート」という地形が見られます。映画やドラマに登場するアメリカの荒野などでよく見るアレ……とでも言えばいいのでしょうか。乾ききった火星らしい、なんともさみしげな光景です。

キュリオシティはMurray Buttesを1ヶ月ほど移動し、先週この地域を通過しました。その際中に同探査機は360度画像を撮影したりと、さまざまなミッションをこなしています。また探査活動の最中にはビュートだけでなく、テーブル上の台地こと「メサ」なども撮影しています。
 
キュリオシティプロジェクトに参加している科学者のAshwin Vasavada氏は、「キュリオシティのチームにとって、この砂漠地域の通過は恐ろしいものでした。しかしビュートを間近で観察できたことは古代砂丘の形成や、地下水による化学的変化、そして景観の変化についての理解をもたらしてくれます」と語っています。

キュリオシティの最終的な目的は、火星での生命体(あるいはその痕跡)を発見すること。火星で4年を過ごしたキュリオシティはMurray Buttesを抜け、今後もシャープ山での探索を続けます。さらに2018年にはNASAの探査機「インサイト」、そして2020年には同じくNASAの「Mars 2020」が火星に派遣される予定です。
 
現時点では生命の存在する可能性の薄い、乾ききった火星ですが、その理解はますます進みそうですね!



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/14(水) 18:35:27.22 ID:xM1VCm3x.net

目の付け所がシャープ山



8 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/14(水) 21:06:58.83 ID:rPmq7fNF.net

キュリオシティ随分頑張ってるな
メンテしてやりてぇなぁ



世界最古の釣り針発見=沖縄のサキタリ洞遺跡−県立博物館など

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:26:10.80 ID:CAP_USER.net

世界最古の釣り針発見=沖縄のサキタリ洞遺跡−県立博物館など:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092000060&g=soc



 沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で、世界最古となる2万3000年前の貝製の釣り針が発見された。沖縄の旧石器人がカニを捕獲するなど漁労を行っていたことも判明。沖縄県立博物館・美術館などの研究チームが発表し、論文は19日(米東部時間)以降、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 釣り針は幅1.4センチで、巻き貝を割り、削って作られている。地表から約1メートルの場所で見つかり、周辺の炭の年代から2万3000年前の物と判明。東ティモールで発見された1万6000~2万3000年前の貝製釣り針と並び、最古という。
 研究チームによると、日本国内で旧石器人の漁労の痕跡を示す道具が見つかるのは初めて。(2016/09/20-05:24)



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:36:17.03 ID:Zvfl7dP0.net

何で年代がわかるの?



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:37:13.13 ID:/PhcK/Tn.net

釣れてますか?



巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:31:47.33 ID:CAP_USER.net

巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000010-jij_afp-sctch


【AFP=時事】月と太陽が一直線上に並ぶ際に満潮を引き起こすのと同じ重力が、巨大地震の誘発にも関与している可能性があるとの研究結果が12日、発表された。

 東京大学(University of Tokyo)の研究チームによると、このメカニズムをより詳細に解明することが、既知の断層が大地震を引き起こす可能性が高い時期を予測する一助となると考えられるという。

 英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)」に発表した論文で研究チームは、「大地震が発生する確率は、大きな潮汐応力が及ぼされている時期に高くなる」と結論づけており、また重力によって引っ張られる力が最大になる時に「微小な岩石破壊が巨大な破裂にまで拡大する可能性が増大する」と述べている。

 東大の井出哲(Satoshi Ide)教授と共同研究者らは、この20年間に世界中で発生したマグニチュード(M)5.5以上の大地震に着目。それぞれの地震発生前2週間における、「潮汐応力」として知られる引力の大きさを再構成した。

 地震の規模がM5.5より小さい場合には、明確な相関関係は認められなかったが、2004年12月26日に発生したM9.3のインドネシア・スマトラ島(Sumatra island)沖地震などの最大級の地震の多くは、月と太陽の引力が特に強大になる期間中に発生していた。

■大潮が危険

 2010年に発生したM8.8のチリ・マウレ(Maule)地震や、2011年のM9.0の東北地方太平洋沖地震にも、これと同じ関連性が存在していた。

 巨大地震がどのようにして始まり、発展するかの正確な仕組みについては、まだ不明な点が多い。ある理論では、すべての地震が微小な破砕から始まり、雪だるま式に大規模な破裂へと成長することが示唆されている。

 これが正しいとすれば、この現象が起きる確率が、新月や満月の時期に発生する大潮の期間に高くなることを、今回の最新研究は示唆している。

 今回の成果は「特に巨大地震に関して、地震発生の確率的予測を向上させるために利用することができる」と、井出教授と研究チームは結論付けている。【翻訳編集】 AFPBB News



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:36:41.90 ID:Db8KFRz5.net

満月との関係は言われてただろ?



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/20(火) 07:37:20.16 ID:kDImp63w.net

台風や大雨の時はない



170万年前のヒト化石に最古のがん発見 がんのトリガーは太古から体に埋め込まれていた、南アフリカ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/07/29(金) 21:35:50.99 ID:CAP_USER.net

170万年前のヒト化石に最古のがん発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/072900284/



 古人類の骨が多数発見されていることから「人類のゆりかご」と呼ばれる南アフリカで、最古のがんの症例が見つかった。スワートクランズ洞窟で発掘された160~180万年前のヒトの足指の骨の3次元画像を撮影したところ、骨肉腫の存在が確認されたのだ。(参考記事:「人類発祥の地は東アフリカか、南アフリカか」)

 この発見は、学術誌『South African Journal of Science』に報告された。現代的な生活様式によってがんの発生率が(特に先進国で)上昇したが、がん発症のトリガーは、人類進化の歴史のごく早い段階からわれわれの体に埋め込まれているのだ。

 論文の共著者である南ア、ウィットウォーターズランド大学のエドワード・オデス氏は、「古人類のように簡素な食事をし、汚染されていない環境で暮らしていても、がんになることはあったのです。どのような生活様式を選択しても、がんをなくすことはできません。私たち自身の中にがんの古い芽があるからです」と言う。


人類とがんの長い付き合い

 がんに関する歴史的証拠があまりにも少ないこともあり、その正確な起源をめぐっては論争がある。がんに関する最古の文献は、紀元前2600年頃に活躍したエジプトの偉大な医師イムホテプによるもので、どんな治療を施してもよくならない「乳房にできた膨らんだ塊」について記録されている。(参考記事:「狩猟採集民から古代の腸内細菌が見つかる」)

 けれども、研究の役に立ちそうな古代の文献はほとんどなく、悪性腫瘍に関する解剖学的に正確な記述は18世紀後半まで現れなかった。

 比較的最近までがんに関する記録がなかった理由としては、がんが65歳以上の人に多く、その年齢まで生きる人がほとんどいなかったことが考えられる。

 がん研究者のシッダールタ・ムカジー氏は、その著書『病の皇帝「がん」に挑む 人類4000年の苦闘』(早川書房)で、「文明そのものはがんの原因ではなく、人間の寿命を長くすることにより、がんを覆っていたベールを外したにすぎない」と述べている。

 化石記録にはごく一部の骨しか残らないため、がんの証拠を探し出すのは困難だ。そこで一部の研究者は、軟組織が残っているミイラに注目している。(参考記事:「世界のミイラでわかる古代の病気」)

 1990年にはペルーの1000年前のミイラの解剖調査が行われ、30代半ばの女性のミイラの左上腕から悪性腫瘍が見つかっている。腫瘍は非常に大きくなっていて、おそらく生前から皮膚を突き破っていた可能性が高い。(参考記事:「「アイスマンにピロリ菌発見」が意味すること」)



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/29(金) 21:43:43.26 ID:iKLPcTBA.net

ガーン!



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/29(金) 21:47:21.58 ID:q/KwN7nm.net

骨肉腫はガンではないよ。

この記事自体医学的知識の乏しい記者が記事を詳しい人に
見てもらうことも無く書いていて残念



恐竜に濃淡のカムフラージュ模様、初めて見つかる 森の中で目立たない、プシッタコサウルスの生存戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/15(木) 21:27:25.61 ID:CAP_USER.net

恐竜に濃淡のカムフラージュ模様、初めて見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091500348/




 白亜紀前期の小型の草食恐竜は、腹をすかせた捕食者の目をあざむくために、カムフラージュ模様を身にまとっていたらしい。

 研究者が保存状態の非常に良い恐竜の化石を分析したところ、その体色は背中側が濃い茶色で、腹側が薄い茶色になっていたことが明らかになった。現在の動物にも同様の濃淡のパターンが見られるが、恐竜でこうした模様が確認されたのは今回が初めて。科学誌『カレント・バイオロジー』に論文が発表された。

 論文の共著者で英ブリストル大学の古生物学者ヤコブ・ヴィンザー氏は、「この化石のように縞模様や斑点などの色のパターンがはっきり分かる恐竜化石は、ほかにありません」と言う。


1億2000万年前の中国で

 この化石にはもう一つ、ちょっと恥ずかしい特徴がある。フンをしている最中のように見えるのだ。化石の尻から出ている丸みを帯びたものは、犬のフンによく似ている。研究者は骨かもしれないと言うが、その組成は糞便であることを示している。

 ヴィンザー氏は電子メールで、この恐竜は「排便の最中に死んだわけではないと思います」と回答した。死骸の中で発生したガスが腸内の排泄物を押し出したのかもしれないし、恐竜の死後も腸の蠕動運動が続いていたのかもしれない。

 この恐竜はプシッタコサウルス(Psittacosaurus)という。直訳すると「オウムトカゲ」だ。大きさはゴールデンレトリバー程度で、頬には大きな突起があり、オウムのようなくちばしを持ち、尾にはブラシのような剛毛が生えていた。(参考記事:「プシッタコサウルスの尾に繊維状の羽毛」)

 今回の化石のプシッタコサウルスは、1億2000万年前に現在の中国にあたる地域に住んでいた。そこには体重が1トン以上あるユウティラヌスや、やや小型のディロングといった、ティラノサウルスの仲間の捕食者も生息しており、小型の草食恐竜にとって安全とはいえない環境だった。(参考記事:「大型羽毛恐竜ユウティラヌス、中国で化石発見」)

 プシッタコサウルスの体色の濃淡は、化石に残っていたウロコから明らかになった。この色合いは、腹を空かせた肉食動物の目をあざむくのに役立った可能性がある。ヴィンザー氏の説明によると、現在の捕食動物はものの陰影を利用してその形を認識しているため、獲物となる動物の中には、「カウンターシェーディング(明暗消去型隠蔽)」という方法で捕食者の目をあざむくものがいるという。光が当たる背中側の色を暗く、陰になる腹側の色を明るくすることにより、体を平べったく見せるのだ。



6 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ@\(^o^)/:2016/09/15(木) 21:58:37.54 ID:nlMeafhs.net

カモフラージュ....まあ捕食動物の方の色覚もテキトー
たっだんたろう.



7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/15(木) 22:06:04.26 ID:j2BnMVqU.net

日本名:ダップンイエヤスサウルス



«  | HOME |  »