カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も 月探査衛星「かぐや」の観測データから/JAXA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2017/10/18(水) 22:59:03.08 ID:CAP_USER.net

月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も
10月18日 16時51分

将来の有人探査の構想が発表されている月の地下に、全長50キロにおよぶ巨大な空洞のあることが、日本の月探査衛星「かぐや」の観測データでわかりました。月表面の激しい温度差や放射線の影響を受けにくいことから、JAXA=宇宙航空研究開発機構では、月面基地として活用できる可能性があるとしています。

これは、10年前の2007年に打ち上げられおよそ1年半にわたってレーダーで月内部の様子を調べた、日本の月探査衛星「かぐや」のデータを詳しく分析した結果、わかったものです。

JAXA=宇宙航空研究開発機構などのチームによりますと、巨大な空洞は、火山が多く存在していた「マリウス丘」と呼ばれる場所に存在し、月の地下をはうように横におよそ50キロ続いているということです。

空洞は、直径50メートルほどの縦穴で月面とつながっていると見られ、内部は300度ほどあるとされる月の昼と夜の温度差や、宇宙から降り注ぐ放射線の影響を受けにくいほか、水を含む鉱物が残されている可能性もあるということです。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:NHK NEWS WEB 10月18日 16時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181421000.html

▽関連
JAXA 宇宙科学研究所
2017年10月18日 月の地下に巨大な空洞を確認
http://www.isas.jaxa.jp/topics/001156.html


☆ご依頼いただきました



3 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2017/10/18(水) 23:00:55.12 ID:XTXfNqFT.net

地球を捨てて、究極の引きこもりだな



12 :名無しのひみつ:2017/10/18(水) 23:13:44.86 ID:hZwCjsjR.net

久々に身近なワクワクきたな!



「中性子星」合体の現象 重力波で初観測

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★:2017/10/17(火) 08:03:25.07 ID:CAP_USER.net

10月17日 5時36分
宇宙のはるか遠くで極めて密度の高い星、「中性子星」が合体する現象を、重力波の観測によって初めてとらえたと欧米の国際研究チームが発表しました。
今回の現象は、重力波以外に、光やガンマ線などでも同時に観測され、今後、さまざまな観測方法を組み合わせることで宇宙で起きる現象の解明が進むことが期待されています。
これは、アメリカの首都ワシントンで現地時間の16日午前、ことしのノーベル物理学賞の対象となった重力波の初観測に成功した、国際研究チームなどが記者会見を開いて発表しました。

それによりますと、ことし8月17日、アメリカにある「LIGO(ライゴ)」とイタリアにある「VIRGO(バーゴ)」の2つの巨大な重力波観測施設で同時に、地球から1億3000万光年離れた場所から届いた重力波を観測しました。
波形から、半径が10キロ程度で質量が太陽と同じ程度と、極めて密度が高い2つの「中性子星」が合体するときに発生した重力波とわかったということです。

これを受けて、世界各地と宇宙にある70以上のさまざまな望遠鏡で重力波の発信源の方角から届く、光や赤外線などの観測を試みました。

その結果、観測データから、中性子星の合体によって金やプラチナといった鉄より重い元素ができたと推定され、研究チームは、これまで謎だった、重い元素の起源の解明につながるとしています。

また、重力波の観測とほぼ同時に、「ガンマ線バースト」と呼ばれる電磁波の一種のガンマ線が爆発的に放出される現象がNASA=アメリカ航空宇宙局などの宇宙望遠鏡で観測されました。

これまで、中性子星が合体するときには、「ガンマ線バースト」が起きると考えられてきましたが、実際に確認されたのは今回が初めてで、研究チームは理論が裏付けられたとしています。

観測チームのメンバーは「重力波の観測と従来の観測手法を組み合わせることで宇宙で起きる最も激しい現象を観測できた」と述べ、今後、これまで捉えるのが困難だった、宇宙で起きるさまざまな現象の解明が進むことが期待されています。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011179911000.html?utm_int=news_contents_news-main_002



13 :名無しのひみつ:2017/10/17(火) 08:39:22.43 ID:sBGN9R+C.net

金が山のように産まれたのか



16 :名無しのひみつ:2017/10/17(火) 08:47:41.28 ID:ocfRbXOR.net

その周辺の星は大惨事だな



長崎・対馬でふん確認 ニホンカワウソの可能性低い 韓国、サハリンに近い種生息

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2017/10/13(金) 00:19:10.94 ID:CAP_USER.net

ニホンカワウソの可能性低い=韓国、サハリンに近い種生息−長崎・対馬でふん確認

環境省は12日、国内で野生のカワウソが38年ぶりに確認された長崎県対馬市で全島調査を実施した結果、韓国やサハリンにすむ種に近いユーラシアカワウソが生息していることが分かったと発表した。絶滅したとされるニホンカワウソである可能性について、調査を行った筑紫女学園大学の佐々木浩教授は記者会見で「(系統が)離れており、かなり低い」と指摘した。
 
調査は8月28日から9月2日にかけて実施。ユーラシアカワウソのふん4個とカワウソの足跡一つを見つけた。ふんのうち3個はオスで、1個の性別は判定できず、2頭以上が生息していることを確認するにはさらに分析する必要がある。(2017/10/12-18:25)

▽引用元:時事ドットコム 2017/10/12-18:25
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101200709&g=soc

長崎県対馬市でのカワウソの調査結果を報告する筑紫女学園大学の佐々木浩教授=12日午後、環境省


▽関連スレッド
【生物】長崎県・対馬でカワウソ1匹の映像を撮影 絶滅したとされるニホンカワウソか別の種か/琉球大©2ch.net
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1502982663/
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1502982663/l50
【生物】対馬で動物のふん採取、解析へ カワウソの調査終了 結果は9月下旬以降の見通し/環境省の専門家チーム©2ch.net
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1504359594/
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1504359594/l50

*ご依頼いただきました。



5 :名無しのひみつ:2017/10/13(金) 00:28:53.71 ID:p8qeQYvi.net

カワウソのウソツキ



6 :名無しのひみつ:2017/10/13(金) 00:44:17.06 ID:sgXEbO3B.net

これ北がミサイル打ったときだっけ
急にニュースがこればっかになってたな



太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2017/10/12(木) 23:50:24.24 ID:CAP_USER.net

太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見 研究

【パリAFP=時事】太陽系内に存在する目立たないミニ惑星の周囲に輪があることを発見したとの研究論文が11日、英科学誌ネイチャーで発表された。土星のような巨大惑星しか輪を形成できないとする通説を覆す発見だという。(写真は資料写真)
 
2004年に発見され、米ハワイの豊穣(ほうじょう)の女神にちなんで「ハウメア」と命名されたこの準惑星は、太陽系の第8惑星で太陽から最も遠い海王星の軌道の外側にあることが知られている数個の準惑星の一つ。平らな葉巻のような形状をしており、衛星を2つ持っている。海王星よりはるかに外側の太陽系外縁、距離にして太陽から約80億キロ離れた場所に位置し、自転軸の周りを高速で回転しながら太陽の周りを285年の周期で公転している。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:時事ドットコム 2017/10/12-11:28
https://www.jiji.com/jc/article?k=20171012036290a&g=afp

▽関連
Nature 550, 219?223 (12 October 2017) doi:10.1038/nature24051
Received 04 June 2017 Accepted 30 August 2017 Published online 11 October 2017
The size, shape, density and ring of the dwarf planet Haumea from a stellar occultation
https://www.nature.com/nature/journal/v550/n7675/abs/nature24051.html

Nature 550, 197?198 (12 October 2017) doi:10.1038/550197a
Published online 11 October 2017
Astronomy: Ring detected around a dwarf planet
https://www.nature.com/nature/journal/v550/n7675/abs/550197a.html

*ご依頼いただきました。



7 :名無しのひみつ:2017/10/13(金) 00:03:33.18 ID:YagVMxHY.net

でもたまたま観測中の今だけ存在する輪だったりしないんだろうか?
安定してる?



13 :名無しのひみつ:2017/10/13(金) 00:24:38.23 ID:fFrRZbFc.net

地球も人工衛星が増えると輪ができる?



小惑星「2012 TC4」、10月12日に地球に異常接近 警告システムの「テストケース」に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★ :2017/10/11(水) 23:35:37.78 ID:CAP_USER.net

小惑星、10月12日に地球に異常接近 警告システムの「テストケース」に
2017年10月11日 11:56 発信地:パリ/フランス

【10月11日 AFP】家1軒ほどの大きさの小惑星が10月12日、地球に異常接近する。通過時に衝突の危険性はないものの、月の軌道の内側まで接近するこの小惑星は、専門家にとっては地球衝突という現実の脅威の予行演習をする絶好の機会だ。

「2012 TC4」と呼ばれるこの小惑星は、欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)によると、グリニッジ標準時(GMT)12日午前5時41分(日本時間同日午後2時41分)の直前に、オーストラリア南方の地点の上空で地球に最接近する。肉眼や普通の双眼鏡では見えないが、「欧州の観測所からは11日の夜から12日午前4時頃まで観測可能」と、オランダで活動するESA地球近傍天体研究チームのリュディガー・ジェン(Ruediger Jehn)氏は話している。接近、通過するのは、地球から4万4000キロ未満の位置、多数の静止衛星が地球を周回している高度3万6000キロの軌道面の真上。これは地球から月までの距離の約8分の1に相当する。
 
TC4を特定、追跡して詳細に調査する今回の訓練を率いるNASAのマイク・ケリー(Mike Kelley)氏は、人工衛星にも危険は及ばないと明言。AFPの取材に対して、「これまで2か月間にわたってTC4を監視し、極めて正確な位置情報が得られている。この情報により、極めて精度の高い軌道計算が可能だ」として、TC4の軌道が地球や人工衛星の軌道と交差することはないと語った。
 
2012年に発見されたTC4は幅が約15~30メートルで、位置情報が判明している多数の小惑星のうちの一つだ。だが、位置が分かっていない小惑星は限りなくある。
 
ESAのジェン氏によると、609日間で太陽を公転するTC4は今後、2050年と2079年に再び地球に接近するという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年10月11日 11:56
http://www.afpbb.com/articles/-/3146275
http://www.afpbb.com/articles/-/3146275?page=2

欧州宇宙機関(ESA)が公開した近地球型小惑星「2012 TC4」(中央)の画像(2017年8月10日公開)。(c)AFP/ESO/EUROPEAN SPACE AGENCY NEOCC/O. Hainaut (ESO), M. Micheli (ESA) & D. Koschny(ESA)


▽関連スレッド
【宇宙】小惑星「2012 TC4」 10月中旬に地球最接近 月の軌道の内側を通過 衝突の恐れなし/ESA
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1502722673/



2 :名無しのひみつ:2017/10/11(水) 23:39:02.70 ID:8CNqjD1B.net

小惑星が地球に衝突するとして人類に何か出来るんですか。



5 :名無しのひみつ:2017/10/11(水) 23:49:43.66 ID:dOoNvybH.net

今回も月が守ってくれる。



海底下2キロメートルの石炭層に倍加時間が数百年以上の微生物群を発見 海底炭化水素資源の形成プロセスに関与/JAMSTEC

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2017/10/10(火) 23:14:07.96 ID:CAP_USER.net

海底下2キロメートルの石炭層に倍加時間が数百年以上の微生物群を発見
~メチル化合物を食べながら海底炭化水素資源の形成プロセスに関与~

1.概要
国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦)高知コア研究所地球深部生命研究グループの諸野 祐樹 主任研究員、井尻 暁 主任研究員、星野 辰彦 主任研究員及び稲垣 史生 上席研究員は、米国カリフォルニア工科大学と共同で、地球深部探査船「ちきゅう」を用いた統合国際深海掘削計画(IODP、※1)第337次研究航海「下北八戸沖石炭層生命圏掘削調査」により、青森県八戸市の沖合約80kmの地点から採取された海底下約1.6 kmの泥岩層(頁岩、※2)と約2.0 kmの石炭層(褐炭、※3)に生息する地下微生物の代謝活性を、超高分解能二次イオン質量分析器(NanoSIMS、※4)等を用いて分析しました。その結果、泥岩層や石炭層に含まれる成分であるメチル化合物を代謝し、メタンや二酸化炭素を排出する地下微生物生態系の機能が確認され、それらの微生物細胞の倍加時間が、少なくとも数十年から数百年以上であることを明らかにしました。

これらの研究成果は、大陸沿岸の有機物に富む海底堆積物に生息する地下微生物群が、地層中に含まれる有機成分を持続的に分解し、地質学的時間スケールと空間規模で、石炭の熟成や天然ガス(メタン)の生成といった炭化水素資源の形成プロセスに重要な役割を果たしていることを示唆しています。

本研究は、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)による最先端・次世代研究開発支援プログラム(GR102)及び科学研究費助成事業(JP26251041、JP15K14907、JP24687004、JP15H05608、JP24651018、JP26650169、JP16K14817)、アメリカ航空宇宙局(NASA)アストロバイオロジー(Life Underground: NNA13AA92A)、アメリカ国立科学財団(NSF)C-DEBI、米国アルフレッド・スローン財団Deep Carbon Observatory(DCO)、米国ゴードン・ベティームーア財団(GBMF3780)の助成を受けて実施されたものです。

本成果は、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)(電子版)に10月4日付け(日本時間)で掲載される予定です。

タイトル: Methyl-compound use and slow growth characterize microbial life in 2 km-deep subseafloor coal and shale beds
著者: Elizabeth Trembath-Reichert1、諸野祐樹2,3、井尻暁2,3、星野辰彦2,3、Katherine S. Dowson1, 稲垣史生2,3,4、Victoria J. Orphan1
所属:1. カリフォルニア工科大学(米国)、2. 海洋研究開発機構 高知コア研究所 地球深部生命研究グループ、3. 海洋研究開発機構 海底資源研究開発センター 地球生命工学研究グループ、4. 海洋研究開発機構 海洋掘削科学研究開発センター
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:海洋研究開発機構 2017年 10月 4日
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20171004/

図1.地球深部探査船「ちきゅう」のライザー掘削による統合国際深海掘削計画(IODP)第337次研究航海で、青森県八戸市の沖合約80 kmの海底(水深1,180 m)から採取された海底下2,466 mまでのコアサンプルの特徴(地層ユニット、形成年代、堆積環境や現場温度)を示す模式図。

図2.「ちきゅう」船上にてガラス瓶に嫌気(無酸素)条件下で封入された泥岩層や石炭層のサンプル(写真上)。これらに各種安定同位体で標識された基質を添加し、37°Cまたは45°Cで30ヶ月間放置し、地層中の微生物の代謝活性を分析した。 全ての地層サンプル中に比較的小さなサイズの微生物細胞を検出した(写真左下:走査型電子顕微鏡写真、写真右下:細胞に含まれるDNAを緑色の蛍光色素で染色した微生物の蛍光顕微鏡写真)。1マイクロメートル(μm)は1ミリメートル(mm)の1/1000。


*ご依頼いただきました。



2 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 23:16:32.60 ID:Sb4HXRQa.net

つまり石油やメタンは永遠に増え続けてるってこと?



16 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 23:49:23.67 ID:47XRHAcu.net

この深度じゃ、そもそも酸素も光もないしね



[JAXA] 「問題ないと信じる」ロケットに神鋼製品使用

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★:2017/10/10(火) 16:09:13.10 ID:CAP_USER.net

JAXA
「問題ないと信じる」ロケットに神鋼製品使用
毎日新聞 2017年10月10日 11時09分(最終更新 10月10日 11時09分)

 性能データが改ざんされた神戸製鋼所のアルミ製品がH2Aロケットに使われていた問題で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は
10日、「(ロケットを製造した)三菱重工業から問題ないと判断したとの報告を受けた。それを信用している」と明らかにした。

 三菱重工によると、10日に打ち上げられたH2A36号機に加え、本年度中に打ち上げ予定の37号機の一部にもアルミ製品が使われているが、問題はないことを確認したという。(共同)

https://mainichi.jp/articles/20171010/k00/00e/020/138000c.amp



2 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 16:10:56.41 ID:1tLK0tEU.net

脆弱さは無いと信じるJAXA



3 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 16:11:09.08 ID:Ud3maJIT.net

信者と書いて儲かる



日本版GPS衛星「みちびき」4号機打ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★:2017/10/10(火) 07:13:24.44 ID:CAP_USER.net

10月10日 7時03分
スマートフォンなどの位置情報システムの性能を飛躍的に高める日本版GPS衛星、「みちびき」の4号機がさきほど午前7時1分すぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット36号機で打ち上げられました。

H2Aロケットは、打ち上げからおよそ28分後に高度273キロ付近で「みちびき」を予定の軌道に投入することになっていて、午前7時半頃には打ち上げの成否が判明する見通しです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173221000.html?utm_int=all_contents_just-in_001



2 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 07:16:44.20 ID:jCKbKnO5.net

外国に使われないようきちんと制限してるのかね?



5 :名無しのひみつ:2017/10/10(火) 07:30:57.59 ID:2S9mFsOc.net

成功
おめでとう



米国、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★:2017/10/09(月) 22:22:35.60 ID:CAP_USER.net

ワシントン=香取啓介2017年10月6日10時19分

写真・図版
米バージニア州のスミソニアン国立航空宇宙博物館で5日、退役したスペースシャトル「ディスカバリー」の前で国家宇宙評議会の開会演説をするペンス米副大統領=ロイター
http://www.asahi.com/articles/ASKB61FN6KB5UHBI03L.html


 米トランプ政権は5日、宇宙政策に関する大統領の助言組織「国家宇宙評議会」を24年ぶりに開催した。議長を務めるペンス副大統領は「米国が再び宇宙開発をリードする。
米国の宇宙飛行士を月に向かわせる」と話し、再び月探査へ重点を移す方針を明らかにした。民間企業と協力し、月の探査を足がかりに火星などより離れた天体への探査につなげるという。

 米国はアポロ計画で1969年に人類初の月面有人探査に成功。その後、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)に人を送ってきたが、2011年のスペースシャトル退役以降は、自前の有人宇宙船を持たず、
ロシアのソユーズに頼ってきた。ペンス氏は安全保障面での懸念を示し、「米国は宇宙での優位性を失っている。米国の繁栄と安全、国のアイデンティティーは宇宙でのリーダーシップにかかっている」と述べた。

 月の有人探査計画はブッシュ(子)政権時代に存在したが、10年にオバマ政権が予算不足で打ち切りを表明。代わりに30年代半ばの火星有人探査を打ち出していた。

 米航空宇宙局(NASA)は、今年、月の近くに宇宙ステーションを置き、月開発や火星探査の中継基地とする「ディープ・スペース・ゲートウェー」構想を明らかにしている。月探査について、ペンス氏は時期や予算については明らかにしていない。

 国家宇宙評議会は、ブッシュ(父)政権の1993年以来休眠状態だったが、6月にトランプ氏が復活させる大統領令に署名した。省庁横断で閣僚や米軍幹部などがメンバーになっている。(ワシントン=香取啓介)



4 :名無しのひみつ:2017/10/09(月) 22:29:44.85 ID:c/dgDxog.net

でもNASA長官は下院議員の若造さまにするのよね



13 :名無しのひみつ:2017/10/09(月) 23:12:05.38 ID:yImIZuDX.net

すげー月着陸陰謀論者初めてリアルタイムで見た



重力波望遠鏡「かぐら」公開 国内観測に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2017/10/09(月) 01:08:08.75 ID:CAP_USER.net

重力波望遠鏡「かぐら」公開 国内観測に期待
2017/10/4 18:09

二つのブラックホールが合体して放出された「重力波」を世界で初めて観測した米国の望遠鏡「LIGO(ライゴ)」チームのノーベル物理学賞が決まり、東京大宇宙線研究所は4日、国内での観測に期待が高まる岐阜県飛騨市の重力波望遠鏡「かぐら」を報道陣に公開した。
 
かぐらがあるのは、神岡鉱山の地下200メートル。一辺約3キロのL字形のトンネル内部に観測用のレーザー装置や真空パイプが備えられている。2019年3月~20年3月の本格運転開始を目指しており、同研究所の三代木伸二准教授(49)は「稼働率が上がればブラックホールができる過程も分かるかもしれない」と話した。

▽引用元:共同通信 2017/10/4 18:09
https://this.kiji.is/288236773365498977

▽関連
KAGRA 大型低温重力波望遠鏡
http://gwcenter.icrr.u-tokyo.ac.jp/



2 :名無しのひみつ:2017/10/09(月) 01:15:19.12 ID:BcihiV4f.net

人間には観測できないだけで周りにはもっといっぱいあるのだろうか



4 :名無しのひみつ:2017/10/09(月) 01:20:43.78 ID:LTB6ubrH.net

つか、前から多額の寄付をしてくれたお得意様専用ツアーとかやってるんだけどね



«  | HOME |  »